Home » よくある質問 » 共有サーバーの技術的な質問
ドメイン取得代行、匿名ドメイン登録、SSLサーバー証明書

検索

FAQ(よくある質問)から検索:

 

共有サーバーの技術的な質問

よくある質問に回答が見つからない場合は、お手数ですが、こちらのお問い合わせページより、できるだけ詳しい内容を記載してフレンドサーバーまでお問い合わせください。

ご質問一覧

Wordpressの自動更新でエラーになります

Wordpressの自動更新機能はサイトユーザーの権限でのプログラム実行にておこなわれます。
これをおこなうためには、以下の設定が必要です。

- コントロールパネルより「ドメイン」タブを開き、対象ドメインの行の右端にある
"コントロールパネルで開く" のリンクをクリックします。
- 別画面が開きますので、ここで「ウェブサイトとドメイン」タブを開き、
"ウェブホスティングアクセス" のリンクをクリックします。
- ここで"SSH経由でサーバにアクセスします" の項目が "Forbidden" になっている場合は
"/bin/sh" に変更します。

以上で自動更新ができるようになります。

ページトップへ戻る

メールが送信できません 。

送信メールサーバー(SMTP)は、POP before SMTP の設定となっております。 メールの送信前一定時間以内にPOPサーバー(メール受信サーバー)から認証を受けていないとSMTPサーバー(メール送信サーバー)にアクセスすることができない設定です。

送信できないときは、一度受信操作を行った後に送信操作を行ってください。

ページトップへ戻る

SPAMメール対策は取られていますか?

はい、ございます。
SpamAssassinをコントロールパネルからご利用いただくことが可能です。スパムメールを登録学習させる機能や、ブラックリスト、ホワイトリストへの登録が可能です。

ページトップへ戻る

ウィルスチェック機能はありますか?

はい、ございます。
Dr.Web アンチウイルスを無料でご利用いただけます。ウイルス定義は、定期的に自動更新され、ウイルスを含むメールを遮断いたします。

ページトップへ戻る

CGIは利用できますか?

独自CGIのご利用は可能です。
CGIのご利用については、ローカル環境で十分テストを行ってからアップロードをお願いいたします。共用サーバーでは、高負荷CGIの利用は、他のお客様に迷惑がかかりますので、制限する場合がございます。
また、無限ループするようなCGIを用いた場合や、高負荷な状態が一定時間以上続くようなCGIは強制的に削除することがあります。

ページトップへ戻る

MovableTypeやWordPressのインストールについて

フレンドサーバーでは、Movable Type(ムーバブルタイプ)やWordPress(ワードプレス)などの一般的なツールを動かすためのモジュールやデータベース機能がご利用頂けますのでご安心ください。

インストール作業はお客様でアップロードして頂くことも可能ですし、管理画面で簡単な操作を行うだけでインストールすることも可能です。

また、他のサーバーからデータベースを移行する場合などもサポートより方法をご案内させて頂きますのでお気軽にご相談ください。代理設置、代理移行作業も行っております。

ページトップへ戻る

XOOPSやosCommerceは利用できますか?

ご利用可能です。
ただし、インストール等の作業は、お客様で行っていただく必要がございます。またサポート対象外となっておりますので、ご了承ください。

ページトップへ戻る

PLESKは何処ででもアクセスできますか?

セキュリティ上、プロキシサーバ(キャッシュサーバ)を経由したアクセスはできない設定になっています。CATV回線などで強制的にプロキシサーバを経由する設定となっているISPがあるようですので、お申し込み前にISPへご確認ください。

ページトップへ戻る

WWWを付けなくてもアクセスできますか?

通常は、wwwなしでのアクセスは自動的にwwwを補完したURL表示でアクセスするように設定しますが、コントロールパネルにてwww表示を付けるか、付けないか選択することも可能になっています。

ページトップへ戻る

MYSQLのバージョンは?

MYSQLのバージョンは、5.1.xとなっております。PLESKコントロールパネルからアクセスして設定し、ご利用ください。

ページトップへ戻る

Sendmail は使用できますか?

ご利用いただけます。

ページトップへ戻る

flock関数 は使用できますか?

ご利用いただけます。

ページトップへ戻る

PHPのバージョンは?

新規お申し込みの場合はPHPのバージョンは、 5.3.3となります。
既存でお使いのお客様に関しては、お申し込みのプランによって異なります。
詳しくはサポートまでお問い合わせください。

ページトップへ戻る

検索エンジン対策に関して

大変申し訳ございませんが、検索エンジンに対する各種対策等は、サポート範囲外とさせております。関連する書籍、ウェブサイト等をご参考いただくようお願いいたします。

ページトップへ戻る

SMTPは587ポートで利用可能ですか?

共有プランでは現状では対応しておりません。 対応予定ですが、時期はまだ未定となっております。

ページトップへ戻る

サーバー領域を追加したら既存のデーターはなくなりますか?

サーバー領域を追加した場合、既存のデーターが消えるようなことはありません。追加容量分が付加されるイメージですので、 既存のデータ、コンテンツ、CGI等に影響はありません。

ページトップへ戻る

htaccessの設定は可能ですか?

はい、ご利用できます。(特に制限等ありません。)

ページトップへ戻る

メールアカウントの設定方法は?

共有サーバープランでは、ドメインのメールアドレスを自由に作成して利用する事ができます。使用したいメールアドレスを追加するには、まず、メールアカウントの作成を行ってください。メールアカウントの作成は以下の手順で行います。

1)コントロールパネルへログインします。
2)ご利用ドメインの「メール」設定ボタンを選択します。
3)開かれたページで「新しいメール名を追加」ボタンを選択します。
4)追加するメールアカウントの設定を行います。
5)必要項目を入力して、メールアカウントを作成します。

メール名
追加したいメールアドレスを設定します。メールアドレスの「@」の左側部分を入力します。
新しいパスワード
メールアカウントのパスワードの設定です。
*半角英数文字で6文字以上で「メール名」で設定した文字列を含まないもの。
パスワードの確認
「新しいパスワード」欄に記入したものと同じパスワードを入力します。

設定の完了後、「OK」ボタンで確定します。

以上でメールアカウントの作成は終了です。
このメールアドレスでメールを送受信するには、 ご利用のPCでメールソフトの設定を行なってください。
引き続きメールアドレスを追加したい場合は、上記作業を繰り返してください。

ページトップへ戻る

メールの転送設定は?

PLESKの機能では、メール転送も簡単に行なう事ができます。直接登録したメールアドレスでメールを受信するのではなく、外部の他のメールアドレスへメールを転送するよう設定する事ができます。

メールの転送を使用するには、以下のように設定を行います。

1) サーバー管理画面へログインし、 ご利用ドメインの「メール」ボタンを選択します。
2)メールエイリアスの設定を行いたいメールアカウントを選択します。
3)開いた画面で「転送」ボタンを選択します。
4)「転送」チェックボックスにチェックを入れ、 入力欄に転送先のメールアドレスを入力します。
5) 設定完了後、「OK」で確定します。

以上でメールアドレスの転送設定は完了です。

ページトップへ戻る

メールエイリアスの設定について?

PLESK では、作成したメールアドレスにメールエイリアスを割り当てる事が可能です。 メールエイリアスとはメールアドレスの別名です。

メールエイリアスは複数設定することが可能です。

  メールエイリアスはメールアカウントではありませんので、「support@x1xserver.com」での直接受信は行えません。メールエイリアスのアドレスに送信されたメールの受信は、メールエイリアスを割り当てたメールアカウントで行います。

メールアドレスにメールエイリアスを追加するには、以下の設定を行います。

1) サーバー管理画面へログインし、 ご利用ドメインの「メール」ボタンを選択します。
2)メールエイリアスの設定を行いたいメールアカウントを選択します。
3)開いた画面で「新しいメールエイリアスを追加」ボタンを選択します。
4)メールエイリアスとして設定したい名前を入力します。
5) 設定が完了したら、「OK」で確定します。

以上でメールアドレスにメールエイリアスが追加されます。引き続きメールエイリアスを追加したい場合は、上記作業を繰り返してください。

ページトップへ戻る

DoS攻撃から防御するための対策がとられていますか?

サーバーが設置されておりますカリフォルニア、シリコンバレーのデータセンターでは、プロフェッショナルな専属技術者が不正アクセス等に対する対策も行っておりますが、具体的なセキュリティ状態についての公開は行っておりませんので、ご了承ください。

ページトップへ戻る

FTPのソフトの入手は?

FTPは、WINDOWS 用、MAC 用でいくつか種類がありますが、以下のものが良く利用されていますので、お試しください。

WINDOWS 用
FFFTP
TidyFTP
NextFTP

MAC 用
Cyberduck
fetch

*設定方法などは、各サイト、紹介サイトにてご確認ください。

ページトップへ戻る

Socketモジュール 使用できますか?

ご利用いただけます。

ページトップへ戻る

FTPの設定は?

共有サーバープランでのFTPの設定は、以下の通りです。

1)サーバー管理画面へアクセスしてください。
2)ドメイン名をクリックして、「設定」アイコンを選択します。
3)物理ホスティングを選択して、ホスティング設定の準備をします。
4)設定ページで各種設定を行ない、FTPログイン、FTPパスワードを決定します。

FTPログイン *
古いFTPパスワード **********
新しいFTPパスワード
パスワードの確認

*最初の設定を完了すると「設定」アイコンを選択することで、移動できますので、FTPログイン、FTPパスワードの変更がいつでも可能となります。

ページトップへ戻る

日本のサーバに比べてネットワーク性能はどうですか?

一般的には海外サーバは国内よりも経路が多い為、トラブルの確率が増える傾向にあると言われていますが、 実際に比較した場合、殆ど差異は見られません。

ページトップへ戻る

MySQLの修正方法

上級者の方で、データベースの修正を行ないたい場合でも可能になっています。
(DBの修正に関してはお客様の責任の範囲内でお願いいたします)

1)コントロールパネル内のお客様ドメインのページで『サービス』内にある「データベース」を選択してください。
2)作成したデータベース名を選択します。
3)DB WebAdmin がありますので、これを選択します。
4)phpMyAdmin が表示されますので、これを使用してMySQLの修正が可能となります。(DBの修正に関してはお客様の責任の範囲内でお願いいたします)

ページトップへ戻る

MySQLの設定方法

MySQLの設定に関しては、以下をご参照ください。

1)コントロールパネルからログインをします。
2)ログイン後、ご登録ドメイン名をクリック
3)ページ中央の『サービス』内の「データベース」を選択します。
4)ページが開いてツール内の『新しいデータベースの追加』を選択します。
5)新しいデータベースの追加で、まずデータベース名を決定します。「データベース名」を記入後、OK ボタンを押して確定します。
6)選択したデータベース名のページに行きますので、最初に「新しいデータベースユーザーの追加」を行います。
7)「データベースユーザー」の「ユーザー名」と「パスワード」を決定して、OK ボタンで、MySQLの設定が完了します。

ページトップへ戻る

httpdocsディレクトリでCGIを使用する

デフォルトでは、cgi-bin内のみで CGI が稼働可能になっています。
httpdocsで CGI を使用する場合には、以下の『.htaccess』のファイルを作成する必要があります。

1)はじめにコントロールパネルへログインをしてください。
2)ログイン後、ご利用のドメイン名をクリック
3)次のページで、『ホスティング』内にある「ファイルマネージャ」を選択してください。
4)ファイルマネージャにホルダーが表示されますので『httpdocs』を選択します。
5)httpdocs のページのコンテンツから『ファイル作成』を選択します。
6)『ファイル作成のファイル名』に「.htaccess」と記入し、OKボタンを押して確定します。
7)次のファイル作成のページで、以下をコピー&ペイストしてOKボタンを押すことで、.httaccess の設定が完了します。

ページトップへ戻る

SSI ( execコマンド非使用 ) 使用できますか?

ご利用いただけます。

ページトップへ戻る

Cron は使用できますか?

コントロールパネルからご登録いただく形でご利用いただけます。

ページトップへ戻る

TELNET ( SSH ) は使用できますか?

共用サーバープランではtelnet,sshはご利用いただけません。専用サーバープランをご検討ください。

ページトップへ戻る

ソケット通信可能なPOPメールサーバー はありますか?

はい、お客様のPOPメールサーバーへソケット通信可能です。

ページトップへ戻る

携帯からの画像登録受付け専用メールアドレス は作成できますか?

問題ありません。

ページトップへ戻る

GD あるいは ImageMagick モジュール は使用できますか?

GDをサポートしています。

ページトップへ戻る

CGIは、ホームディレクトリ(httpdocs)に設置可能ですか?

CGIを設置するには/cgi-bin/ディレクトリに設置する必要があります。
ただし、その場合、画像ファイルが/cgi-bin/内では表示されない為に/httpdocs/ディレクトリ側に設置してパス処理をして呼び出さないと反映されません。

/httpdocs/abc/yyy.htmlから
/cgi-bin/xxx.cgiへの相対パスは、
../../cgi-bin/xxx.cgi
となります。

また、CGIを/httpdocs/ディレクトリ内に設置することも可能です。
/httpdocs/ディレクトリ内に下記の内容を「.htaccess」に記述してサーバーに転送して下さい。

Options +ExecCGI
AddHandler cgi-script .cgi
AddHandler cgi-script .pl

すでに.htaccessファイルが存在している場合、下部行に上記の設定内容を追記してください。

ページトップへ戻る

HPファイルの転送先は何処になりますか?

htmlファイルは/httpdocs/フォルダ内へCGIファイルは/cgi-bin/フォルダへ転送して下さい。
それ以外は「システムフォルダ」ですのでそれを削除したりしないよう注意してください。
CGI設置の時に/cgi-bin/に格納した画像は表示されません。/httpdocs/側に画像配置してCGI側のパス処理で呼び出すようにして下さい。

/cgi-bin/xxx.cgiから
/httpdocs/images/yyy.gifを呼び出す場合のパスは、
../httpdocs/images/yyy.gifとなります。

ページトップへ戻る

データベースのホスト名は何ですか?

localhostと指定してください。

ページトップへ戻る

サブドメインでのHPファイルの転送先はどこですか?

cgi-bin/
/httpdocs/
/httpsdocs/
/subdomains/
  と言うディレクトリが自働生成されます。

ディレクトリ構造は、以下です。

/subdomains/

└/○○○○/ ←作成したサブドメイン名

├/cgi-bin/ ←CGI設置ディレクトリ
└/httpdocs/ ←htmlや画像設置ディレクトリ

ページトップへ戻る

SSLの利用はどのようにすればよいのですか?

共有プランではSSL機能をサポートしております。

信頼性のあるサイトを立ち上げるためには、第三者認証機関に認証された正式な証明書を用意していただく必要があります。フレンドサーバーでは、GeoTrust社のSSL証明書を販売しております。

設定方法:

ログイン後表示された画面の下部の対象ドメイン名をクリック
表示されたドメイン管理画面の「セットアップ」をクリック
表示された画面の
「SSLサポート」にチェックを入れる
「SSL認証を受けないコンテンツと同じディレクトリに、SSL 認証を受けるコンテンツを設置します」にチェックを入れる

画面最下部の「OK」をクリックして設定完了。

注意:
「SSL認証を受けないコンテンツと同じディレクトリに、SSL 認証を受けるコンテンツを設置します」にチェックしない場合は、SSL専用ホームディレクトリ「httpsdocs」でのみSSL暗号化されます。

SSLサイトへのアクセス方法:

https://yourdomain.dom/aaaaaaaa.aaa
https://yoursomain.dom/cgi-bin/aaaaaaa.cgi
等でアクセス可能です。

ページトップへ戻る

Cronの設定方法は?

Cronの設定は、コントロールパネルよりドメイン管理画面で以下のアイコンから登録する事ができます。「スケージューリング済みタスク」アイコンをご利用ください。

ページトップへ戻る

Cronの数の制限について

フレンドサーバーの共有サーバープランでは、Cronの数の制限は特に設けておりません。
ただし、共有サーバーの性質上負荷の高いタスクを多く登録されてご利用の場合に、サーバーへの影響が出てしまう場合には、プランのご変更やサーバーの停止を行う場合もございますのでご注意ください。

ページトップへ戻る

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ